豊富な栄養素を含む、クロレラの検証サイト

クロレラの効果検証ガイドブック » 効果的なクロレラの摂り方 » まずは有用成分を知ろう

まずは有用成分を知ろう

このページでは、クロレラに含まれる有効成分について説明しています。

蛋白質、葉緑素、ビタミン、ミネラルが豊富

栄養素的にパーフェクトな食品と言えるほど、栄養豊富なクロレラ。このページでは、クロレラに含まれる主な有効成分について、見ていきたいと思います。

クロレラの主な成分の内訳としては、タンパク質が50%、炭水化物が20%、葉緑素(クロロフィル)が5% といわれ、その他には、 ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、各種ミネラル類(カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄など)、パントテン酸、葉酸、核酸、食物繊維なども豊富に含まれています。

クロロフィル…植物や藻類に含まれる緑色の色素で、増血、血栓予防、血圧低下、解毒、コレステロール低下、免疫増強、抗がんなどの作用があります。

イソロイシン…食品から摂取しなければならない必須アミノ酸の一つ。神経の働きを助けたり、血管や肝臓、筋肉などに働きかけます。

ナイアシン…水に溶ける水溶性ビタミンで、ビタミンB群のひとつです。皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。

リジン…必須アミノ酸のひとつ。体の窒素バランスを正しく保つ働きをします。また、神経システムに直接入り込んで免疫機能を高める働きもあります。

カロテン…植物体に含まれる黄色または、赤色の色素を総称してカロチノイドと呼びます。そのうち体内でビタミンAに転化する物質がカロチンで、目、皮膚、粘膜の健康を保ちます。また、免疫細胞の働きを活発にしたり、さまざまな生活習慣病の原因となる、活性酸素を消去する働きもあります。

カリウム…ミネラルのひとつで、カリウムの摂取量が増えると、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながります。

クロレラ成長因子(CGF)…この因子のはたらきはまだはっきりとは解明されていませんが、生物の生長を促進し、細胞を若返らせると言われている成分です。

>>効果で選ぶお奨めクロレラ製品一覧<<